ブルーベリー農園 森の畑

menu

ブログ

お歳暮におすすめしたい「森の畑」のとっておきの逸品

<お歳暮>

お世話になった方へ1年間の感謝を込めて贈るお歳暮。
11月下旬ごろから12月中旬ごろまでに贈られるお歳暮には「今年もお世話になりました。来年もどうぞよろしくお願いいたします」というメッセージが込められています。

お歳暮の定番といえば、ハムの詰め合わせやビール・ジュースの詰め合わせなどが思い浮かぶでしょう。
毎年お中元やお歳暮を贈っているという方は、贈る品物のネタが切れて困ってしまう事があるのではないでしょうか。

いつも決まったものばかり贈るのもつまらないし、かといって大手のデパートなどで販売されているお歳暮は、いわゆる「お決まり」のものばかりだし・・・

そんな悩みを抱えている方におすすめしたいのが、限定感のある特別な贈り物です。
量産される大手メーカーの飲食物ではなく、全国で「ここでしか味わえない」というブランド力のある逸品を贈ってみるというのはいかがでしょう。

そこで自信をもっておすすめしたいのが、「森の畑」からの最高の贈り物です。

「森の畑」では毎年最高品質のブルーベリーを丁寧に育てています。
「森のサファイア」と名付けられたこのブルーベリーはノーザン・ハイブッシュ系の高品質ブルーベリーで、その大きさと甘さが特徴です。なんと500円玉大というビッグサイズで、皮が薄く果肉がギュッと詰まっていてとてもジューシーな、食べ応えあるブルーベリーなのです。
是非お歳暮の贈答品として、大切な方へ贈ってみてはいかがでしょうか。

<「森のサファイア」というお洒落な名前とその名に恥じぬ美味しさ>

「森のサファイア」
なんともお洒落な名前です。

青く輝く宝石サファイアを彷彿とするような、森の中で輝く美しいブルーベリーの粒は、口にすれば笑顔が零れる幸せの果実です。
宝石が見た者を幸せにする力をもっているとすれば、「森のサファイア」は食べた者を幸せにする力を持つ、まさに食べる宝石なのです。

名前を聞いただけで「食べてみたい!」と思えるようなインパクトある名前は、お歳暮を贈る相手の方に驚きとワクワク感を届けるでしょう。
そして「森のサファイア」は、その宝石の名に恥じない魅力を持つブルーベリーです。
大きいものだと500円玉を超える大きさで、その立派さに驚かされます。果皮が薄く中身が詰まっているため、みずみずしさとハリを感じられるため、その姿は宝石さながらの輝きを湛えています。
初めて見た人に驚きと感動を届ける事ができる逸品なのです。

もちろん見た目だけでは宝石の名は語れないでしょう。
一粒手に取り口へと運べば、ブルーベリーの爽やかな香りと、濃厚な甘味と瑞々しい果汁が口いっぱいに広がり、思わず笑顔になってしまいます。

<手塩にかけて育てられた「森のサファイア」>

2007年、長野県須坂市の農園で育てられた一本の苗木が「森のサファイア」を生み出しました。移ろいゆく季節の中で、天候の変化に幾度となく危機にさらされながらも、我が子のように大切に大切に育てられた苗木。
努力の甲斐あって実をつけた苗木の、その実は、宝石を彷彿とさせるような美しく立派なブルーベリーでした。

こうして誕生した「森のサファイア」は、収穫量を増やすために畑の面積を増やした今も、決して手を抜くことなく1株1株丁寧に育てられています。
選定作業を丁寧におこない、夏の収穫まで手塩にかけて育てた「森のサファイア」はお客様に胸を張って召し上がっていただける超一級品の高品質ブルーベリーとなったのです。

「森のサファイア」はノーザン・ハイブリッシュ系という、寒冷な気候のもとで育つブルーベリーです。温暖な地域で育つ品種と比べて果皮が薄く大粒でジューシーなのが特徴です。
日本では長野県で初めて栽培が導入され、長野の高原地帯だからこそ育てる事ができる品種として注目されました。今では日本国内のブルーベリー生産量の5分の1を長野県が占めており、その中でも「森のサファイア」の品質の高さは大変好評で、海外からのお客様も多く輸出にも力を入れています。

<お歳暮におすすめの商品>

お歳暮の贈答品におすすめしたい「森の畑」の逸品をご紹介いたします。
お値段も、ちょっと良い品を贈るには丁度良いくらいの価格帯です。

[「森のサファイア」大粒Lサイズ ブルーベリー冷凍果実]

森のサファイアを生で楽しめるのは、初夏から夏場にかけてというとても短い期間です。
ハウス栽培をおこなわず、自然の中でのびのびと育てている「森のサファイア」は通年で収穫できるわけではありません。
しかし、最高に美味しい瞬間を逃さずに収穫したブルーベリー果実を、すぐにマイナス30度で瞬間冷凍する事で、通年で楽しめるようになりました。

粒がとても大きいので、そのまま食べればまるでシャーベットのようにシャリシャリとした食感と、爽やかな甘さと香りを楽しむ事ができます。
自然解凍すれば、生の果実のような瑞々しさが復活し、ブルーベリー本来の美味しさを感じられます。

そのままスコーンやマフィン、チーズケーキやパンケーキなどのお菓子作りにプラスしても楽しいですし、電子レンジですれば簡単にブルーベリーコンポートやジャムを作る事ができます。
凍ったままミキサーに入れて、ヨーグルトやミルクと合わせて混ぜればスムージーとしても楽しめます。

様々な楽しみ方ができる冷凍のブルーベリー果実を、お歳暮用に90gのカップで8個セットになったものをご用意しました。
7,500円(税込)ですので、1カップあたり1,000円未満で、ちょっとした贈答品として配るのにも適しています。

[「森の宝石箱」ブルーベリージャムとコンポートのセット]

「森の宝石箱」というお洒落な名前がついた、「森のサファイア」をふんだんに使ったブルーベリージャムとブルーベリーコンポートのセットです。
無糖のブルーベリージャム、微糖のブルーベリージャム、そしてコンポートの3種類がセットになっています。
300gの大瓶が2つずつセットになったもの(税込12,960円)、100gの小瓶が2つずつセットになったもの(税込6,480円)、300gの大瓶が1つずつセットになったもの(税込6,480円)と、大きさや数からお好みのものを選べます。

「森のサファイア」のみを贅沢に使った無糖のジャムは、モンドセレクションで2013年から金賞を受賞し続けて、2016年には最高金賞を受賞しました。
無添加にこだわり、銅鍋で時間をかけてゆっくりゆっくり丁寧に煮詰める事により、ブルーベリー本来の甘さを引き出しました。無糖でありながら糖度15度という驚異の甘さを実現し、砂糖の甘さではない自然で優しく柔らかい甘さを感じる事ができます。

ジャムというと、果実と砂糖を同じくらいの量合わせて煮詰めるという作り方が一般的ですので、無糖でジャムを作るという事がいかに革新的だったかという事が分かります。
他のブルーベリー品種では、無糖で煮詰めると酸味が際立ってしまい、甘みが十分に感じられないため、どうしても砂糖の追加が必須となってしまいます。「森のサファイア」だからこそ実現できた無糖ジャムの美味しさを、ぜひ味わってみてください。

自然でほのかな甘みはそのまま食べるのに最適ですが、例えばヨーグルトに混ぜ合わせたり、お菓子作りに使いたい、お子様用に甘いものが欲しいという方には、少しだけ砂糖を加えた微糖のジャムをおすすめします。
無糖ジャムと微糖ジャムの食べ比べも楽しいのではないでしょうか。

コンポートは、大粒の果実を生かしてそのまま丁寧に煮詰め、ブランデー・ヘネシーXOで仄かに香りづけをした大人な味わいの高級感あふれるコンポートです。
そのまま食べても勿論OKですが、例えばパンケーキやアイスクリームなどに添えると一気に華やかになり、シロップごとグラスに入れてミルクやソーダを注ぐとリッチなブルーベリードリンクに早変わりします。

それぞれの美味しさが楽しめる「森のサファイア」の3つの味わいを、是非大切な人への贈り物にチョイスしてみてはいかがでしょうか。

ページ上部へ戻る