ブルーベリー 農園紹介

ブルーベリー農園 森の畑のご紹介

森の畑 紹介動画

お客様へのお約束

私たちは、最高品質の信州産ブルーベリーをお手元へお届けすることを約束致します。

「森の畑」は2007年に長野県須坂市の農園で育てられた一本の苗木からはじまりました。
四季や天候など自然の流れとともに、毎年ゆっくりと、着実に育ってきました。
大変な仕事ではありますが、一本一本の苗木と日々真摯に向き合い剪定(せんてい)を続けた努力は、夏の収穫期に蒼く光るサファイアの宝石のような大粒果実として完熟の実を結びます。

その果実は、農園にお越しいただいたお客様、通販で直接ご購入されたお客様、そして、この文章をご覧頂いているあなたのもとへと届けられ、日々を彩る食材として人々の笑顔と健康に貢献します。

農業ほど夢のある仕事はありません。人間の力ではあらがえない大きな自然の営みを実感しながら、畑をとおして生まれてくる人と人との豊かな関係、そこにある確かな真実。花あるところに蜂が集まり、夢あるところに人は集まる。

良質なものは一朝一夕では手に入れることはできません。私たち「森の畑」は100年後の22世紀にも、信州長野の大地にしっかりと根を張り、人と人との豊かな関係と文化を支える農園でありたいと願っています。

~オリジナルブランド「森のサファイア」の特徴~

森のサファイアブランド果実ブルーベリー

「森のサファイア」は、森の畑で採れたブルーベリーのことを指します。寒冷な地域でしか育てることのできないノーザン・ハイブッシュ系ブルーベリー(Northern Highbush Blueberry)という種類のブルーベリーを中心に育てています。無農薬栽培で農薬を一切使用していない安心の国産ブルーベリーです。

ノーザン・ハイブッシュ系ブルーベリーには味・大きさともに良しとされる優良7品種(Big Seven)があり、当農園ではその中でも特に美味しいとされるブルーレイ(Blue Ray)・ブルークロップ(Blue Crop)が総生産量(15トン)のうちの約8割を占めています。果皮が薄く種のザラザラ感がなく口当たりが良いのが特徴で、この特徴を最大限まで引き出し、大粒で高品質となるよう育て上げたブルーベリーが「森のサファイア」です。過酷な自然がブルーベリーを甘くする

カナダ産とラトビア産のピートモスを用土に、約8,000本のブルーベリーを、管理の行き届いたポット栽培で育てています。

ブルーベリーが取りに食べられないように鳥よけネットを張ります

適切な水の管理、除草と害虫駆除、冬場の徹底した剪定(せんてい)作業、春先には摘花(てっか)作業、収穫シーズンの鳥避けネット設置と、年間通してブルーベリーの木々を大切に守り、世話をしています。

手をかけて育てることにより、栄養がブルーベリー果実1粒1粒によく行き渡り、驚きの大きさの果実が実ります。

直径20mm程度にまで成長し、500円玉よりも大きいものも見られます。

この立派な大きさと、美しい蒼々とした艶やかな色は、さながら宝石のような輝きを放っており、私たちは手塩にかけて育てたこの長野県産最高品質のブルーベリーに「森のサファイア」という名をつけました。

青く光る宝石サファイアのように美しいブランド果実ブルーベリー森のサファイア

大きいからといって甘味が薄れることはなく、糖度は13~15度を誇ります。

一般的なブルーベリーの平均糖度が10度前後ですので、ぜひ「森のサファイア」の甘さをお試しください。

国産ブルーベリー通販 森の畑のサイトはこちらから

ブルーベリー農園のご紹介

「森の畑」の農園は長野県に位置し、観光農園である須坂市と、生産現場としての長野市三才の2か所に農園の敷地があります。

農園の作付面積はそれぞれ須坂市の農園が1.2ha、長野市三才の農園が4.0haの合計で5.2haとなっています。

長野県須坂市の観光農園について

須坂の農園では毎年6月中旬から8月中旬まで、ブルーベリー狩り・摘み取り体験をすることのできる観光農園をオープンしています。農園併設の直営ショップや通販サイトなどから受注した注文商品の梱包や発送作業が行われるのもこの農園です。
森の畑の須坂観光農園の直営ショップは夏にあなたをお待ちしています!

毎年夏の時期になると必ず遊びにいらしてくださるご友人、地域の皆様、県外からのお客様方に支えられ、スタッフ一同大変素敵な空間をご提供させていただいています。

毎年多くの方にお越しいただいています!

バスツアーの立ち寄り先として利用していただいたり、県外また海外から遊びに来られる皆様の夏の長野観光アクティビティのひとつとして、ご活用をしていただております。農園を中心に織りなすお客様との出会いと笑顔が、私たちの森の畑の大きな原動力です。

長野県長野市三才の生産現場について

長野市三才に位置する農園は、一般の方々が摘み取りのできる観光農園ではありませんが、森の畑の総作付面積のうちの約8割近くを占めています。

森の畑長野市三才のブルーベリー生産現場

夏の間、この生産現場で早朝に収穫された新鮮な「森のサファイア」は、正午過ぎに須坂市の農園に届けられ、果実の新鮮さの証であるブルーム(白い粉)を損なわないよう丁寧に選果、梱包され、お客様のもとへと発送されます。

国産ブルーベリー通販 森の畑のサイトはこちらから

森の畑の農園へのアクセス


事業紹介スライド

日本政策金融公庫 長野支店 農林水産事業主催『2019年信州アグリ・フードフォーラム』にて

「農業100年の夢 - 農業と6次産業化」< という題にて、代表の松田淳が発表をさせていただきました。


 

沿革

2006年12月 覆盆子(ブラック・ラズベリー)苗 輸入 [横浜植物検疫所] で検疫検査開始
2007年 2月 株式会社 未来農業計画 設立
2007年 3月 園芸ハウス賃貸 (須坂市福島)
2007年 4月 ブルーベリー苗 2,500株 導入
2007年12月 覆盆子(ブラック・ラズベリー)苗 輸入 [横浜植物検疫所]の検疫検査通過
2008年 3月 町の圃場整備 1.2ha(須坂市福島)
2008年 5月 ブルーベリー苗 2,500株 導入
2009年 4月 ブルーベリー苗 600株 導入
2010年 7月 ブルーベリー摘み取り園 プレ・オープン
2010年 9月 認定農業者資格 取得 (長野市・須坂市)
2011年 3月 吉Y圃場整備 0.2ha (長野市吉)
2011年 7月 ブルーベリー摘み取り園 オープン
2011年 12月 食品加工業許可 取得「かん詰またはびん詰食品製造業」「アイスクリーム類製造業」
2012年 2月 6次産業化事業認定取得 (第3回 募集)
2012年 3月 吉M圃場整備 0.3ha (長野市吉) 育苗ハウス・加工所 新築 (須坂市福島)
2012年 8月 6次産業化ソフト事業参加 (平成24年度) 新商品開発と販路開拓
2013年 4月 モンドセレクション受賞 (初受賞)
2013年 9月 6次産業化ソフト事業参加 新商品開発と販路開拓 / 6次産業化ハード事業参加直売所整備 (平成25年度)
2013年 3月 直売所 新築 (須坂市福島)
2014年 4月 山の圃場整備 2.0ha (長野市三才大久保)
2014年 7月 直売所ショップ オープン
2015年12月 酒類販売業免許得
2016年 12月 山の圃場整備 2.0ha (長野市三才両堰) / 6次産業化ハード事業参加(平成25年度) 直売所整備
2017年 7月 直売所ショップ 増築
2018年11月 「第21回全国農業担い手サミットinやまがた」全国優良経営体表彰 農林水産省経営局長賞受賞

国産ブルーベリー通販 森の畑のサイトはこちらから

\この記事はどうでしたか?/

-ブルーベリー, 農園紹介

© 2020 ブルーベリー農園 森の畑