ブルーベリー農園 森の畑

menu

ブログ

ブルーベリーを使ったシフォンケーキのレシピ

~ブルーベリーたっぷりシフォンケーキ~

<材料(18cmのシフォン型1個分)>

薄力粉 75g
ブルーベリー(森のサファイア)200g
卵黄 中3個分
卵白 中4個分
砂糖 50g
サラダ油 大さじ2
水 大さじ6

<作り方>

卵黄と砂糖大さじ3を白っぽい色になるまでよく混ぜます。
そこにサラダ油と水を加えて、さらによく混ぜます。
薄力粉をふるい入れて、泡だて器でよく混ぜます。

別のボウルで卵白と残りの砂糖を合わせて泡立ててメレンゲを作ります。
※ハンドミキサーを使って角が立つぐらいまでよく混ぜます。

生地にメレンゲの1/3を加えて泡だて器でよく混ぜます。
そこに残りのメレンゲの1/2を加えてやさしく混ぜます。
最後のメレンゲを加えてゴムベラでさっくり混ぜます。

シフォン型にブルーベリーを入れて、そこに生地を流し込みます。
型を回して平らにし、トントンと打ち付けて空気を抜きます。

180℃に予熱したオーブンで30分ほど焼きます。
取り出したらさかさまにして粗熱を取り、型から外したら完成です。

~綺麗なパープルの米粉ブルーベリーシフォン~

<材料(18cmのシフォン型1個分)>

米粉 75g
「森のサファイア」ブルーベリージャム 85g
卵 中4個
グラニュー糖 40g+20g
サラダ油 25g
レモン汁 大さじ2
トッピング用のブルーベリー(森のサファイア) 適量

<作り方>

ブルーベリージャムはフードプロセッサーかミキサーでペースト状にします。
耐熱ボウルにジャムを入れて電子レンジで加熱し水分を飛ばします。
ジャムを冷ましてレモン汁を入れて混ぜ合わせます。

卵は卵黄と卵白に分けます。

卵黄のボウルにグラニュー糖40gを入れて白っぽくなるまで混ぜ合わせます。
サラダ油を加えてさらによく混ぜ合わせます。
ブルーベリージャムを加え、混ぜます。
ここに米粉を加えてよく混ぜます。

卵白にグラニュー糖20gを加えてハンドミキサーで混ぜてメレンゲを作ります。

メレンゲの1/3を生地に加えてよく混ぜます。
残りのメレンゲの1/2を加えてやさしく混ぜ合わせます。
最後のメレンゲを加えてゴムベラでさっくり混ぜ合わせます。

シフォン型に生地を流し込み、型を回して平らにし、トントンと打ち付けて空気を抜きます。

180℃に予熱したオーブンで30分ほど焼きます。
取り出したらさかさまにして粗熱を取り、型から外したら完成です。
お好みで生ブルーベリーなどをトッピングしましょう。

【ちょっぴり手間はかかるけど、慣れれば簡単!なシフォンケーキにブルーベリーをプラス】

シフォンケーキ作りは面倒で難しいというイメージを持たれている方も少なくないでしょう。卵を卵黄と卵白に分けて、メレンゲを作って、サクッと混ぜて・・・。行程も何段階かあり、確かにレシピを見ただけだと敬遠してしまいそうですね。
でも、基本さえ押さえてしまえば、実はとても簡単なんです。一度騙されたと思って試してみてください。
シフォンケーキの良いところは、材料費をそれほどかけずに、大きなケーキが出来上がること。華やかなパーティーにはもってこいのケーキです。
生クリームを添えたり、生のブルーベリーをトッピングしたり、ミントの葉を飾ってみる事で一気にお洒落に変身します。

今回は、粒のままシフォンケーキに混ぜ込むタイプのものと、ペースト状にしたものを混ぜ込むタイプの2種類のレシピをご紹介しました。
ペースト状のものを練り込む際には、卵黄の黄色とケンカしてあまり綺麗な色が出ないケースもありますので、使用する卵は、卵黄の色がなるべく白に近いものを選びましょう。

【なんでもない日をちょっとゴージャスにするブルーベリーシフォンケーキの物語 ~夏休みのおやつ~】

<イベントづくしの夏休み>

長い長い子どもの夏休みが始まりました。
子どもの頃はあっという間だった夏休み。母となると、長いと感じるものですね。

夏休みの始まりは、イベントづくしです。
7月のうちは学校のプール教室に通い、地域の盆踊りや夏祭りに参加し、と大忙しです。

8月の頭は主人の夏休みなので、家族で色々なところに出かけました。
動物園、水族館、遊園地、山、海、プール、そして最後には両家の祖父母宅へ。

こうして夏休みの前半はあっという間に過ぎていき、後半になると行くところもやることも無くなり、子どもは日がな一日家にいるようになります。
イベントづくしの夏休み前半にできなかった宿題をだらだらとこなしながら、好きなアニメのDVDなど見ているのですが、どうしても時間を持て余しがちで、体力も好奇心も有り余っている子どもを見ていると、何か有意義な時間の過ごし方は無いかな、と考えてしまうのです。

<日常をちょっぴり特別に>

そこで私は、子どもに何も言わず、若い頃好きだったケーキ作りでもしようかな、とシフォン型を引っ張り出して、おもむろにシフォンケーキを作り始めました。
小学5年生になった娘は最近少し反抗期が始まったのか、こちらから「一緒にケーキを作ろう」と声をかけても「めんどくさい」としか返ってこないだろうと思い、先にケーキを作る姿を見せようと思ったのです。

私の目論見は見事に的中し、私がいつもと違う調理器具で何か作っている姿を見つけた子どもが近寄ってきました。

「何作ってるの?」

「おやつ。久々にシフォンケーキでも作ろうかと思って」

「ケーキ!!!」

子どもが飛び跳ねて喜ぶのを見て、私は「ああ、やっぱりまだ子どもなんだなぁ」と微笑ましく思いました。
傍でじっと私のケーキ作りを観ていた子どもにシフォンケーキの作り方などを話していると「手伝いたい」と言い出したので、しめしめ、と一緒にケーキ作りを進めました。

「ただのシフォンケーキよりも、バナナシフォンとか、紅茶のシフォンとか、何か混ぜ込むと美味しいんだけどね」

と私が言うと、子どもが何か閃いたようで「ブルーベリーは?」と言い出しました。

<贅沢に森のサファイアをシフォンケーキと合わせる>

「ブルーベリー?ああ、森のサファイアが冷凍してあったか」

粒が大きくて、自然な甘さがとても美味しい「森のサファイア」というブルーベリーを冷凍庫に凍らせて保存していたのを思い出した私は「入れてみる?」と子どもに聞きました。

「うん!入れよう!入れよう!」

ノリノリの反応が返ってきたので、冷凍庫からブルーベリーを出して解凍しました。

「どうせなら、生地に混ぜ込むよりも、ゴロゴロっと入れた方がインパクトがあるかな」

そう言って、シフォン型にブルーベリーをザッと豪快に散らして、そこに生地を流し込んで、オーブンに入れました。

<部屋中に漂う幸せの匂い>

「さ、焼きあがるまで宿題しちゃお」

子どもにそう言って、私は宿題の進捗状況を確かめるために子どもとリビングのテーブルに向かいました。
算数の分からない問題を教えてやっていると、オーブンから、なんとも言えない良い匂いが漂ってきて、子どもはそれが気になって仕方ないようでした。

「まだかな、まだかな」

ソワソワする姿は愛おしく、早く食べさせてやりたいと思いました。

オーブンに入れて30分、中を覗き込むと良い焼き色がほんのりついています。

「よし」

やけどしないよう注意して型を取り出してひっくり返し、竹串で外します。

「わー!ブルーベリーがすっごい!!」

シフォンケーキの上部にはブルーベリーがぎっしり詰まっていました。
シフォンケーキの甘い匂いと、ブルーベリーの甘酸っぱい香りが食欲をそそります。

「よし!じゃあ休憩といきますか!」

そう言って冷えた麦茶を入れて2人でシフォンケーキを頬張りました。
なんでもない普通の日常でも、学校がある忙しい日々にはなかなかできない事なので、こうして夏休みという期間を活用して日常の中にちょっぴり特別な時間を作り出せて、親子そろって幸せなひと時を過ごしました。

ページ上部へ戻る