ブルーベリー農園 森の畑

menu

ブログ

大切な人、お世話になった人に贈りたい高級ブルーベリー

<大切な人、お世話になった人に贈りたい「森のサファイア」は贈呈品にピッタリ>

大切な人の人生の節目、お祝い事、お呼ばれになった時のお使い物に、お世話になった人への感謝の気持ちを込めて、何か贈り物を贈る機会は意外と多いものです。
お歳暮であったりお中元であったり、お祝いでの返礼品であったり、その形は様々ですが、何を贈るかいつも迷ってしまう・・・という方も少なくないのではないでしょうか。

そんな時におすすめなのが「森のサファイア」です。
丁寧に育てられた最高品質のブルーベリー「森のサファイア」がなぜ贈呈品に最適なのか、そのおすすめポイントと、保存期間や保存方法などについてご紹介いたします。

<サファイアという名前のインパクトと、その名に恥じぬ最高品質>

まず、「森のサファイア」という名前の持つインパクトが贈呈品に相応しいと言えます。
真っ青に光り輝く宝石サファイアを彷彿とさせる、いかにも高級感溢れるイメージで、名前を聞くだけで「食べてみたい!」と思えるような印象です。
宝石は、その希少価値と美しさで多くの人を魅了し続けています。光り輝く宝石を身に着けるだけで幸せな気分になり、本当に美しい宝石は、ただ目の前に置いてあるものをいつまでも見続けられるような魅力を放っています。

そして「森のサファイア」も、宝石の名に恥じない魅力を讃えています。
まず、その立派さに驚く事でしょう。とにかく大きいサイズが特徴で、果皮が薄く中身が詰まっているため張りがあり、その姿は宝石さながら。
大きいものだと500円玉よりも大きく、こんなに大きくて立派なブルーベリーは見た事がないと驚かれるお客様も沢山いらっしゃいます。
まず見た目で圧倒し、ワクワクさせる事ができるのが「森のサファイア」なのです。

もちろん見た目倒しでは宝石の名は語れません。
「森のサファイア」は食べる宝石です。
一粒だけでも食べ応えは十分で、口に含んでひと噛みすれば、薄い果皮が弾けて果肉の甘味とジューシーな果汁が口いっぱいに広がります。ブルーベリーの爽やかな香りと、凝縮した甘味が口全体で感じられ、思わず笑顔になってしまいます。

最高品質のブルーベリーは、農場の人々のたゆまぬ努力によって生み出されました。
剪定作業から選果作業まで、ひとつひとつの工程を手作業で丁寧におこない、まるで我が子のように手をかけて育てるからこそ、最高の美味しさを実現できるのです。

<ありきたりなものではなく特別な逸品を贈りたい時に>

贈呈品を選ぶ際に、例えばインターネットや百貨店で探すと、大手企業の食品や飲料、調味料など、誰でも知っているような有名どころの商品の詰め合わせが見つかります。
確かに日常的に食べたり飲んだり使えたりするこれらの贈呈品も悪くないかもしれません。

しかし、特別な人、大切な人に贈るものだからこそ、ありきたりなものではなく、何か特別なもの、本当に心を込めて「これが最高だから是非!」と勧めたいものを贈りたいとは思いませんか?

そんな時には、ぜひ「森のサファイア」を候補に入れてください。
量産せずに、一粒一粒手をかけて育ててきたブルーベリーには、育ての親たちの”想い”が込められています。丁寧に、愛情込めて育ててきたからこそ、実現できた美味しさに、あなたの想いも込めて、大切な人へ贈っていただければ、これほど嬉しい事はありません。

ありきたりなものではないから、受け取った時に「何だろう?」というドキドキした気持ちを感じてもらえ、「森のサファイア」という印象的な名前にワクワクするような期待感をもってもらえ、そして実際召し上がった瞬間に、今まで出会った事のない美味しさに驚いてもらえると、私たちは自信をもってお勧めいたします。

<お値段も贈呈品に最適な価格帯>

贈り物を選ぶときのポイントは「自分では気軽には買えないけれど貰ったら嬉しい」という価格帯の高級さをもつ商品を選ぶ事です。
「気軽に」というところが最大のポイントで、とても手が出ないような金額のものは、贈り先の相手を恐縮させてしまうため、相応しくはありません。
あくまで「気軽には買えない」という価格帯が重要なのです。

「森のサファイア」は、まさにそのちょうど良い価格帯で、最高品質のブルーベリーを提供しています。
サイズによりお値段が異なりますので、ご予算に合わせて選ぶ事ができますし、生果実は180gのミニパックでも販売しているため、複数の方にちょっとした贈り物をしたいという時にもピッタリです。
日持ちもして、可愛らしい瓶がプレゼントに最適なブルーベリージャムも、2,160円(税込)と贈呈品価格としては最適な価格帯です。丁寧に栽培したブルーベリーを、丁寧に時間をかけてジャムに仕上げているため、その品質は確かなものです。

<ブルーベリーの保存期間と保存方法>

贈呈品でブルーベリーを考えている方が気になるのが、保存期間と保存方法なのではないでしょうか。

ブルーベリーは追熟しません。
追熟とは、収穫後に常温で保管しておくと成熟が進み甘くなる事で、スモモやキウイにはこの追熟があります。よく「固いキウイはリンゴと一緒に保管すると早く熟して甘くなる」と言われますが、それが追熟です。
ブルーベリーにはこの追熟が無いため、収穫時が最高に美味しい瞬間となります。
ですので、常温保存ではなく、冷蔵保存がおすすめです。
常温では2,3日持ちますが、冷蔵保存すると1週間ほど持ちます。

1週間で食べきれない場合は、冷凍保存します。
冷凍する際には、軽く洗ってからキッチンペーパーなどでよく水気を拭きとってから、フリーザーバッグやタッパーに入れて、小分けにして保存するのが良いです。
冷凍保存すれば半年ほど持たせる事ができます。

ページ上部へ戻る